PRIDE-ZEH

ZEHの住まい

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字をとった略称で、エネルギー消費量が正味ゼロの住宅のことをいいます。「ゼロエネルギー住宅」や「ゼッチ」と呼ばれることもありますが、同じ意味となります。
「ゼロエネルギー住宅」といいましたが、人間が生活している以上、住宅で消費するエネルギーが完全にゼロになるということはちょっと想像がつきませんよね。
ここでいう「ゼロ」とは、「完全にゼロ」ということではなく、「正味ゼロ」つまり「プラスマイナスゼロ」という意味です。
省エネをしっかり行うことでエネルギー消費量をできるだけ少なくした上で、それでも必要となるエネルギー消費量と同じ量のエネルギーを自ら生み出すことができる住宅を、ZEHと呼ぶわけです。
つまり、ZEHには、太陽光発電システムやエネファームなどのような、エネルギーを創る設備が必ずついているということになります。

生活エネルギーを「減らす」と「創る」で「0」にする住宅。

7つの技術基準

家の断熱性・省エネ性能を上げ、自宅で太陽光発電などでエネルギーを創ることにより年間の一次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のことです。
政府は「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標を掲げています。

断熱性能を上げて
エネルギーロスが最小限な家。
(夏は涼しく、冬は暖かい)

消費する電力量を減らす為
省エネ性の高い機器等を使用。
HEMSを活用しコントロール。

消費するよりも多くの
エネルギーを太陽光発電で
しっかり発電。

ZEHには補助金制度があることをご存じでしょうか?

ZEHを取り入れることで、毎月の光熱費が抑えられるのはもちろん、地球に優しい住宅にすることができます。
ただZEHの取り入れには、太陽光発電や省エネ家電の導入が必要なのでコストがかかってしまうのがネック。
しかし環境エネルギーなどの問題から政府も普及活動を行っており、その一環として「ZEH補助金制度」があります。

  ZEH+ ZEH
補助
対象(申請)者
  • 戸建ZEH(+)を新築する方
  • 新築戸建て建売ZEH(+)を購入する方
主な要件
  • ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること
  • 申請する住宅は、SIIに登録されたZEHビルダーが
    設計、建築、改修又は販売を行う住宅であること
25%以上の
一次エネルギー消費量削減
20%以上の
一次エネルギー消費量削減
以下の内、2つ以上を導入
  • さらなる高断熱化
  • 高度エネルギーマネジメント
  • 電気自動車(PHV車含む)の充電設備
その他補助
対象ZEH
  • Nearly ZEH+
  • Nearly ZEH
  • ZEH Oriented
補助金 定額105万円/戸 定額60万円/戸

【環境省戸建ZEH】
令和3年度 戸建住宅ZEH化等支援事業 ZEH支援事業 -
一般社団法人環境共創イニシアチブ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標

2020年度実績 2021年度実績 2025年度実績
注文0% 注文0% 注文50%
建売0% 建売34% 建売30%
合計0% 合計34% 合計80%